会社案内

Japanese English

品質管理体制

 
当社では「お客様に感動とおいしさ」を「きれいで誠実な会社に」をテーマとして、常にお客様の立場になって、従業員一人一人が品質管理と衛生意識を高めて、製造をおこなっています。
また、製品の安全性を確実にするために原料から、製造、流通にいたるまでの各工程、段階での管理点を定め、管理基準を遵守して、製品の安全性を保証しています。製品の安全を保証するための検査体制も充実しており、X線異物検査機の導入や品質検査室を完備しています。

Photo Photo
▲ 品質検査室 ▲ X線異物検査機


当社では、生産過程や製品検査において十分な自社管理体制を整備しておりますが、お客様への更なる安心・安全な製品提供を推進するためにHACCP(総合衛生管理製造過程)やFSSC22000(食品安全システム)の認証を取得し生産を実施しています。

◎HACCP認証取得
取得年月日 部門 備考
平成14年10月24日 蒲原工場 容器包装詰加圧加熱殺菌食品
:缶詰食品、缶詰・瓶詰以外の食品(熱溶融)
平成18年10月4日 富士川工場飲料プラント
ペットボトルライン(1・2ライン)
清涼飲料水
:その他の清涼飲料水(殺菌後密栓・密封)
平成18年10月4日 富士川工場飲料プラント
飲料缶ライン
清涼飲料水
:その他の清涼飲料水(密栓・密封後殺菌)


●HACCP(Hazard Analysis(危害分析) Critical Control Points(重要管理点))とは?
HACCPは1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の手法。この方式は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(CODEX)委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。HACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。 (農林水産省HP 食品流通に関する情報より)




◎FSSC22000認証取得
取得年月日 部門 備考
平成25年6月10日 蒲原工場缶詰及びレトルトパウチ食品の製造
富士川工場食品プラント缶詰及びレトルトパウチ食品の製造
富士川工場飲料プラントペットボトル飲料及び缶飲料の製造
富士川工場流動食プラント流動食の製造

●FSSC22000(食品安全システム)とは?
FSSC22000は、Food Safety System Certification 22000 の略であり、食品製造組織に向けた食品安全システムの規格です。
2010年2月に食品小売業界が中心となり設立した非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)により、食品安全の認証スキームの一つとして承認されました。
ISO22000と食品安全の基本である前提条件プログラム(ISO/TS22002-1)を組み合わせ、更に法による規制、及び製造業者やサプライヤーに対する要求事項を追加した食品安全の認証規格です。



このページのトップへ