会社案内

Japanese English

研究成果①


 
缶詰加工されたアロエベラによるコレステロール値改善効果の検証
 

アロエベラを摂取すると、糖尿病のラットで総血中コレステロール値が減り、LDL(悪玉)コレステロールが減少します

【実験1】
2型糖尿病ラットに、下記飼料を与えて飼育したときの血中コレステロール値の変化を測定しました。
 ①通常の飼料
 ②通常の飼料+アロエベラ乾燥粉末5.0%量(飼料重量に対して)
 ③通常の飼料+アロエベラ乾燥粉末10.0%量(飼料重量に対して)

【結果】
糖尿病のラットに6週間アロエベラを与えて飼育した場合では、有意に血中総コレステロール値が低下し、血中LDL-(悪玉)コレステロール値の低減が見られました。
糖尿病ラットの血中コルステロール値に及ぼすアロエベラの影響


アロエベラを継続摂取すると、糖尿病のラットでコレステロールを多く含む餌を食べても血中総コレステロール値が減り、LDL(悪玉)コレステロール値が減少します

【実験2】
2型糖尿病ラットに対して、コレステロールを多く含む下記飼料を与えて飼育したときの血中コレステロール値の変化を測定しました。
 ①コレステロールを多くした飼料
 ②コレステロールを多くした飼料+アロエベラ乾燥粉末2.5%量(飼料に対して)
 ③コレステロールを多くした飼料+アロエベラ乾燥粉末5.0%量(飼料に対して)

【結果】
糖尿病のラットに6週間アロエベラを与えた場合では、高コレステロールの餌を与えて飼育したときでも、有意に血中総コレステロール値が低下し、血中LDL-(悪玉)コレステロール値の低減が見られました。 高コレステロール食を与えた糖尿病ラットの血中コレステロール値に及ぼすアロエベラの影響

※缶詰加工されたアロエベラはいずれも凍結乾燥し、粉末としたものを投与

研究結果のまとめ

動物を用いた試験により、アロエベラを摂取することで、血中のLDL-(悪玉)コレステロールが低減することが明らかとなり、血中コレステロール値を改善する働きがあることが示めされました

本研究によって、糖尿病動物(ラット)対して高コレステロール飼料を給餌した場合においても、血中総コレステロールの値および血中LDL-(悪玉)コレステロールが減少することで脂質代謝の改善が見られたことから、脂質代謝異常などに起因する、血管障害の予防につながると期待できます。
今後も本効果に関して詳細な研究を進めることで、アロエベラの健康機能の追究に取り組んでまいります。
 


このページのトップへ